レスベラトロールの効果とサーチュイン遺伝子

サーチュイン遺伝子とは・・・である

サーチュイン遺伝子とは

サーチュイン遺伝子とは活性化すると寿命が延びる『長寿遺伝子』である。

マサチューセッツ工科大学生物学部のレオナルド・ガレンテ教授が2000年に発見し、
現在でも様々な研究がされている注目の遺伝子なのです。

では、一体どれだけ注目されているかというと、『NHKのサイエンスZERO』でも
取り上げられるほどで、注目度だけでなく信頼度も高い遺伝子であると言えるでしょう。


サーチュイン遺伝子で活性化とは・・・

サーチュイン遺伝子とは寿命を延ばす遺伝子である、ということは
分かっていただけたでしょう。

ただし、サーチュイン遺伝子が寿命を延ばすためには、眠っているサーチュイン遺伝子
目覚めさせて活性化する必要があるのです。

そうなんです。

サーチュイン遺伝子とは活性化することで、はじめて寿命を延ばすために活動する
長寿遺伝子というわけです。


サーチュイン遺伝子とは長寿のための司令塔?

さあ、サーチュイン遺伝子とは長寿の為に重要な役割を担っている遺伝子だということは
わかってもらえたのではないでしょうか。

それでは、サーチュイン遺伝子が老化を防ぐメカニズムについて少し解説していきます。

まず、もっとも注目すべきはサーチュイン遺伝子が様々な長寿に関わっている遺伝子群を
指令しているということです。

さしずめ、サーチュイン遺伝子とは長寿遺伝子界の中田ヒデ(かなり古いが^^)
といったところでしょうか。

というのも、血糖値についての実験で、サーチュイン遺伝子を活性化させたマウスと
普通のマウスの値を比べてみたところ、サーチュイン遺伝子を活性化させたマウスのほうが
血糖値が低いことが分かっているというのです。

他にも、サーチュイン遺伝子がミトコンドリアの活性化にも役立っているらしいのです。

ミトコンドリアとは、簡単にまとめるとエネルギーを司る遺伝子なのですが、
このミトコンドリアが老化してしまい、機能が低下してしまうと細胞内全体に
様々なダメージが広がっていきます。

ここで解説すると、長くなってしまうので省略させてもらいますが、サーチュイン遺伝子
によりミトコンドリアを活性化することで健康と長生きにつながるというわけです。


サーチュイン遺伝子を目覚めさせる方法

サーチュイン遺伝子とは、普段は眠っているが、目覚めて活性化することで
様々な細胞に指令をして長寿のために活動する遺伝子というのはわかっていただけたでしょう。

それでは、次に眠っているサーチュイン遺伝子を目覚めさせる方法です。

サーチュイン遺伝子を目覚めさせるには2つの方法があるといわれています。

[check] 1つ目がカロリー制限

[check] 2つ目が物質の摂取

サーチュイン遺伝子とは、ただ何もしなければ眠っているのですが、この2つの方法で
目覚めさすことができ、活性化することで長寿に一役買っているのです。


  • 1つ目のカロリー制限とは

これは多くの方が苦手な方法でしょう。

しかし、カロリー制限をすることは非常に重要なことで、カロリーを70%に制限する
ことでサーチュイン遺伝子が目覚めて活性化することが実験で分かっているというのです。

さらに、カロリー制限をすることで、ミトコンドリアの増加にもいい影響があるらしく
まさにいいこと尽くしだといえるでしょう。


  • 2つ目の物質の摂取とは

物質の摂取といっても、有効な物質は限られているようです。

その中でも非常に有効とされているのがレスベラトロールです。

レスベラトロールとは、ポリフェノールの一種である抗酸化物質であり、サーチュイン遺伝子
目覚めさせる有効な成分なのです。

様々な動物実験でも、レスベラトロールを摂取することで、サーチュイン遺伝子
活性化し、寿命が延びるという結果がでているようです。

しかし、摂取することで手軽にサーチュイン遺伝子を活性化することができる
レスベラトロールですが、通常の食事などで多く摂取するのが難しいという問題があります。

そこで注目されているのが、サプリメントです。


  • レスベラトロールのサプリメントとは

現在では多くのレスベラトロールが配合されたサプリメントが販売されており、
その中からサプリメントを選ぶだけでも頭を抱えてしまうことでしょう。

そこで【長寿.com】ではレスベラトロールのサプリメントについて調べて
ランキングにしてみました。

よかったら参考にしてください。




レスベラトロールを摂取すると効果があるといわれていますが、カロリー制限をすると
より効果が期待できるので両方することをおすすめします。



最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional